◇活動報告◇

宮城のピアノ教室 森さんより

2012.4.1

二つ葉援奏団で支援をさせていただいている宮城県のピアノ教室主宰の森さまよりお手紙を頂きました。

被災された生徒さんへの楽譜の支援を行い、その楽譜を使用したコンサートのチラシも同封して下さいました。


楽譜を受け取った生徒さんからのお手紙です(お名前は伏せています)。

同じく森さんのところに通う生徒さんより。
こちらも二つ葉援奏団でお預かりした支援金より、ピアノの調律代のお手伝いをさせていただきました。

あまりに素直なお手紙の内容に、泣きそうになりました・・・。

あたりまえ、だったことが、一瞬であたりまえ、ではなくなり、小さな身体で大震災を経験するという大きなショックを抱え、そのショックを抱えつつなのかもしれないし、乗り越えて、なのかは個人個人だとは思いますが音楽がある、ということだけで、少しでも生きる喜びを感じてもらえれば嬉しいです。

楽器というのは本当に高価な贅沢品であり、
私はグランドピアノを買ってあげることも、ヴァイオリンを買ってあげることもできません。

このような小さなことしかお手伝いできませんが、こうしてお子さんたちの喜びの声を届けていただけるとまだまだ救ってあげられる子供たちがいることまだまだ私たちにはできることがあることを強く感じさせられます。

こういうお手紙を受け取ることで、また改めて、これからの支援活動にも力を入れていきたいと思いました!!
頑張ります!!これからも応援宜しくお願いいたします。