◇活動報告◇

第5回二つ葉援奏団コンサート開催報告

2012.5.26

2012年5月23日(水)。
第5回目となる『二つ葉援奏団コンサート』を無事終えることができました。
ご協力下さいました出演者の皆様。
スタッフとしてお手伝い下さいました皆様。
宣伝に多大なるご協力を頂きましたASA販売店の皆様。
本当にありがとうございました!!

コンサートの合間には毎回私の言葉で被災地の状況や支援の内容を詳しく
お伝えしているのですが、今回は5月14日に行ったばかりの今の宮城県の様子。
私がみてきたもの、感じたことをそのままお伝えしました。

今までよりも何か大きな手ごたえと言いましょうか。
お客様からの応援の気持ちが今までよりも強まっている感じがしました。

私がお伝えした実際の被災地を想像し、今同じ時を沢山の人々がどのように過ごしているのかを想像し。
息を飲みながら、真剣に、親身になって聞いて下さっているようでした。

今までのお客様がそうではなかったというわけではありませんよ。
私がお客様の反応をみる余裕がようやく5回目にして出てきたということもあると思います。
ですが、全く見ず知らずの私たちの活動がどうなっていくのか不安だ。
本当に信じていいのだろうかと、そう思われてもしょうがないこと。
そういった気持ちを持ったままご来場されるお客様がいらっしゃることは覚悟の上・・・。

でも今回は何かが違う!

コンサート終了後に沢山の方から声をかけられました。
みんな笑顔で優しくて。
その笑顔にとても励まされました。
自分のやっていることの賛同者がこんなにも沢山いるんだと確信を持つことができ、
多くの勇気をいただきました!!!

この活動に賛同して下さる人たちが増えている。
そう、感じることが出来ました。

毎回、お客様や出演者に自由に書いていただけるメッセージカードをご用意しているのですが、今回は本当に多いんです!!
140枚もお預かりしましたよ!皆様、ありがとうございましたっっ!!!

昼の部が終わり、出演者の数人にも読んでもらいましたが、本当に温かな気持ちが伝わってくるものばかりです。
読みながらみんなで感動していました。
家に持ち帰ってからはじっくりと一枚一枚読ませていただきました。
泣けてくるもの。
とても励みになるもの。
ご紹介したいものが本当に沢山ありましたが、ここではお名前の記載のないものから一部ご紹介させて頂きます。

『被災地の未来ある音楽家たちへのメッセージ』





『二つ葉援奏団、出演者へのメッセージ』





皆様、本当にありがとうございました。



<コンサートのようす>

2012.5.27

コンサートの会場はJR西国分寺駅そばのいずみホール。
前日と打って変わってこの日は気持ちの良い晴天でした。

受付の様子。

代表自ら受付やってます!が、たいてい気づいてもらえない・・・(苦笑)。

*********************************************************

≪出演≫

Ayla-アイラ-
薄田真希(フルート / 国立音楽大学、昭和音楽大学大学院修了)
大槌祐紀子(ピアノ / 国立音楽大学卒業)
小林優香(フルート / 国立音楽大学卒業)

大坂智子(ファゴット / 洗足学園音楽大学卒業)
楠木由希子(ピアノ / 国立音楽大学卒業)
久野左織(フルート / 国立音楽大学卒業)
佐脇知子(ピアノ / 国立音楽大学卒業)
高橋朋子(ホルン / 洗足学園音楽大学卒業)
弘瀬麻子(オーボエ / 洗足学園音楽大学卒業、同大学大学院修了)
御村卓司(クラリネット / 洗足学園音楽大学卒業、パリ・エコール・ノルマル音楽院卒業)
村上理奈(ソプラノ / 国立音楽大学卒業)

*********************************************************

1.Ayla-アイラ-
『魅惑のワルツ』 『翼をください』『上を向いて歩こう』

2.代表の挨拶

3.ソプラノ&ピアノ
『みずいろの花』『浜辺の歌』

4.ピアノ独奏
『喜びの島』

5.木管3重奏
『ディベルティメントNo.4 第1・4・5楽章』『田園のコンセール 第1・5楽章』

6.ソプラノ&ピアノ
『タイム・トゥ・セイ・グッバイ』『歌劇「ジャンニ・スキッキ」より 私の愛しいお父様』

7.ピアノ独奏
『幻想即興曲 嬰ハ短調 Op.66』

8.木管5重奏
『5つの管楽器のための小室内楽曲 第1・5楽章』『ロンドンデリーの歌』

9.Ayla-アイラ-
『アヴェ・マリア』『「ウィリアム・テル」の主題による華麗な二重奏』
(写真はアヴェ・マリアを演奏中。わざと2人の距離を離して、メロディが左右交互から聞こえるように演出してみました!)

 

被災地支援を目的としたコンサート、ということで少々お堅いイメージがあるかと思いますが、プログラムにはクラシックの他にも一般のお客様にも耳なじみのある曲をバランスよく取り入れるように出演者の皆さんにお願いしています。
毎回出演者が違うということは選ぶ曲、ジャンルももちろん違ってくるわけで、そうなるとコンサート全体の雰囲気もずいぶんと変わってきます。
そのあたりも二つ葉援奏団コンサートの見所として楽しんでいただけると嬉しいです!!

約2時間のコンサートが終了後、出演者全員で支援金の呼びかけをさせて頂きました。

自分の出番ではない時には裏方スタッフとしてもよく働いてくれました。
ボランティア参加なのにみんな明るくて献身的で、本当にありがたいです。
(写真は左からファゴットの大阪さんとオーボエの弘瀬さん。)

↓↓(左から)関田さん、瀧さん、井上さんは今回受付のお手伝いをして下さいました!

また12月6日の二つ葉援奏団コンサートにサックス四重奏での出演を予定しています。
初のサックス四重奏!年末ということもあってど派手な演奏をお願いしてあります。

夜にはファゴットの進藤くんもお手伝いにきて下さいました。
裏方さんあってのコンサート。皆さん、本当にありがとうございました!!

昼夜の2公演を終え、ロビーにて出演者全員で記念撮影。

この日のご来場者数は240名。
お蔭さまでお預かりした支援金は約29万円となりました。
本当にありがたいことです!!
また後日、詳しい収支報告をさせていただきますのでまた読みに来て下さいね。