◇来年の活動について◇

2012.7.4

来年の活動はどうするべきかを考えていました。
あと2回、第8回の開催まで決まっています。
一時期に比べると多くの支援金が私の手元にあります。

活動の幅も広がったのですが、使い道が決まらない中で、それ以上に支援金を募る必要性は当然ありません。

キリの良い第10回目の開催でこの会を閉め、支援要請が届いた時にまた開催するのが良いのか。どうするべきなのか・・・。

でも・・・。

●今まで行けなかった被災地に自分で出向いて支援先を探したい。
●こういう活動をずっと続けて欲しいという演奏者たちからの声。ずっと応援していきます、というお客様からのメッセージが多く寄せられていること。
●出演したいと言ってくれている人たちがいて、まだ出演してもらえていないこと。
●私や一番身近でサポートしてくれている友人、何度か二つ葉援奏団のコンサートを経験している出演者さんたちも、みなが準備や開催の流れにようやく慣れてきたこと。

これらのことを考えるとここで辞めてしまうことには無理がある・・・。

しかし。

コンサートの準備(出演者の確保、プログラム組み、出演者たちへの連絡、チラシ・プログラムの作成、自分の練習)、コンサートの宣伝、支援先との連絡、全てのお金の管理、お客様への対応は時間に関係なく舞い込んでくるわけで・・・正直言って大変です(汗)!

自分の生活が壊れてしまうこともあります。

でも、自分の中から生み出したこの団体がこんなにも多くの人から大切に思われて応援されている。
その実感もあります。
それなのに2年間の活動で無くしてしまうのは勿体ない!

2・3ヶ月に1度のペースでコンサートを開催してきましたが、4・5ヶ月おきの開催にすることで、今までよりも無理なく、また長い期間に渡って支援活動に携わることができると気が付きました!!

来年からはゆっくりな活動になりますが、引き続き皆様からのご支援、ご協力を宜しくお願いいたします。

二つ葉援奏団代表:薄田真希