◇支援団体の代表として◇

2013.4.3

先日行ってきた被災地廻りの旅を振り返り、支援に関しても書いておきたいと思います。

ブログを読んでくださっている方が多くいらっしゃるようで、感想、ご意見を頂戴し、とても励みになりました。ありがとうございました。

直接お会いできる方には“実際に自分の目で見てみないとわからないので是非行ってみて下さい”と伝え、次回は一緒に行きたい、という声もいただいています。
ですが、今の被災地を見に行く自信が自分にはない・・・という意見もありました。

そうですよね・・・言われて初めて気が付きました。
心を痛めることがわかっていながら、そのような場所に向かう人というのは少ないのかもしれません。
私も支援団体を立ち上げていなければ、もしかしたら足を運ばなかったかもしれません。

実は震災後の夏に訪問した被災地の様子を写した写真が手元にあります。
ブログに載せるつもりで撮ってきたのですが、その内容があまりにすさまじいものでUPする気力を失ってしまいました・・・。

いつか将来に。
被災地の様子が変わりつつある頃に、その内容を公表したいと思っています。
また自分の足で同じ場所を巡り、数年前の姿、今の姿、というような形で・・・。

石巻女子高校さんでは生徒さんたちから演奏のプレゼントを受け取りました。
そして私からも演奏のプレゼントをし、その後にお話をさせていただきました。

どうして私が支援をすることになったのか。
東京でも被災地を応援している人がたくさんいること。
そして音楽の大切さ、など。

その後、別室で部長さんや会計を担当している生徒さんたちと先生たちとでお茶をいただき、今後の支援の話し合いをしました。
また、初めてお会いする生徒さん達からは震災当時の話を聞かせていただきました。

演奏直後に私が話している時、生徒さんたちは私の話を真剣にきいてくれていました。
ですが、ティータイムになるとさっきまでの表情はなく、もうおやつに夢中です(笑)
そして常に冗談を言っては笑顔を絶やすことがなかったのです。

震災当時、まだ中学生で卒業式を控えていたという生徒さんたち。
その卒業式が延期となったり、他の中学校や施設で行ったという子たちが高校生となり、今、
2年前の自分の身に起きたことを“過去”として、笑いながら話していました。
もちろん面白おかしく、という意味ではありません。

そんな無邪気な姿をみせる生徒さんたちを見守る先生たち。
そんな笑顔で過ごせる生徒さんたちを“頼もしいと感じる”と、ある先生がおっしゃってました。

そうです。泣いてばかりはいられないのです。
困ってばかりいてもしかたがないのです。

人生でおそらく一番大きなの打撃をうけたであろう被災地の人々。
それを幼少期に過ごした高校生たち。
今の彼女たちにとっての過去を話す時、淡々と、ではなく、笑って話す、しかないのです。

昨年の秋は定期演奏会にかかったホール代、ホールでの備品使用料、楽器の運搬代、などを二つ葉援奏団として支援させていただいたので、今年はどうする予定なのだろうと思っていました。
未だに親戚の家で過ごしている生徒さんもいらっしゃるとのこと。
一年たったところで経済状況が変わることは、ありませんでした・・・。
また、楽器というのは備品(消耗品)を必要とするものが多く、消耗品を使う楽器とそうでない楽器とで個人負担額が違っているというのです。
ですので、今年も定期演奏会の費用と備品類の支援もさせていただく約束をしてきました。

(言い訳に過ぎないのですが・・・。私は9歳から18歳になるまで個人レッスンで学んできました。吹奏楽部に入る機会がないまま大人になったせいか、他の楽器のことを詳しくは知りません。リード楽器に使用される消耗品が多いことに今更ながら驚きました。フルートは購入する際にはお金がかかりますが、それ以降は調律やよほどタンポがやぶれたりしない限り、消耗品を使う必要もないですし、本当にお金のかからない楽器だったんですね・・・。今回サックスを演奏される佐藤さんが案内役としてついてきてくださったお陰で幅広く支援ができるようになり、大いに助かりました。)

そして、もう一箇所。

被災地でピアノ教室を主宰されてます森先生からも支援要請の声が届きました。
今年の発表会に関する支援の相談でした。
発表会をたった一回開くにしても、当然そこにはホール・ピアノの使用料、ピアノの調律代、プログラムの用紙代、著作権料などのさまざまな出費がかかります。
生徒さんたちの中にはまだ自分の家で住むことのできない生徒さんもいらっしゃるとのこと。
被災した生徒さんだけを発表会に参加させないわけにはいきません!!
少しでも生徒さん、そしてご本人も被災されている森先生の負担を減らしてあげたいと思い、今、森先生と支援の方法を考えているところです。

今回は片付いた町並みを見る事ができ、心を痛める瞬間は以前よりも少なくなったと感じました。
ですが、2年経ったにしては何も変わっていないのではないか、と思える場所もあります。

まだまだ支援の力は必要なんです!!

今年の二つ葉援奏団のコンサートは5月26日(日)。
昨年もお世話になりました荻窪にあります大宮前教会さんで開催させていただくことになりました。
15:00開演(14:30開場)です。 詳細>>
お時間がございましたら是非、足をお運び下さい。

これからもご声援、ご協力のほど宜しくお願いいたします。
この度も長文、ご拝読いただきありがとうございました。

≪二つ葉援奏団≫
代表:薄田真希